一戸建てを購入するメリット|優良会社の選び方

土地選びは慎重に

間取り図

地盤沈下を避ける方法

京都で注文住宅の購入を考えているのなら、建築依頼先はもちろん、土地選びもとても重要です。京都で地盤の緩い土地を選んでしまうと、建築費に100万円以上追加されることがほとんどです。しっかりとした地盤であればその上に建てる注文住宅は布基礎やベタ基礎で造ることができますが、緩い地盤であれば建築後に地盤沈下の可能性があるので、杭を打ち込む杭基礎で造ることになります。そうなると採掘できる専用重機やを重機操るオペレーターが必要となり、多額な経費が必要です。25坪ほどの2階建て注文住宅の9mの杭工事では約120万円ほどがかかるとされています。これには基礎工事費用は含まれていないわけですから、無駄に建築費用がかかることになるのです。京都の注文住宅メーカーなど、大手の企業が持っている土地の多くは地盤調査済みですが、個人が持っている土地であれば地盤の固さは不明です。地盤調査をしたいところですが、土地の売買契約を結ぶ前に行うのは難しいかもしれません。そういう場合は、京都の注文住宅メーカーや工務店の方から地主を仲介する不動産業者に地盤調査の提案をお願いしてみるといいでしょう。なお、建築後10年間は施工者側が地盤沈下の保証をしないといけないことになっています。しかし、万が一施工した会社が倒産してしまったり、本当に地盤沈下が起きてしまったりしたら、その間住み続けることは難しくなるでしょう。昔池や田んぼがあった土地や川が流れていた場所は地盤が緩いので、その土地の歴史を調べることも参考になります。