一戸建てを購入するメリット|優良会社の選び方

家事動線を考える

間取り

家事がしやすい家作り

鎌倉や茅ヶ崎市、藤沢市など相模湾沿にある市は、湘南と言われています。湘南は古くから観光地や、別荘地として人気です。現在も都心へのアクセスが良く、生活しやすい環境が整っている事もあり、湘南エリアは人気となっています。湘南エリアで注文住宅を建てる方の多くはファミリー層です。お子さんが生まれる、入学を機になど人生の節目で注文住宅を建てる方は少なくありません。注文住宅を建てる場合、間取りを考える必要があります。間取りの良し悪しが住みやすい家か、住みにくい家になるかを左右するので、しっかり考える事が重要です。特に女性は家事動線を考えて、注文住宅の間取り決める必要があります。女性にとって洗濯や料理、掃除は毎日行う必須の家事です。家事動線とは家事を行いやすい、間取りの事を言います。家事動線を考えて建てられた家は、スムーズに家事が出来るので女性が生活しやすいという魅力があります。例えば、キッチンから洗面室にドア1枚で行ける間取りにしておけば、料理と洗濯、2つの家事が行いやすくなります。洗面室から洗濯物を干すスペースまでの距離が短いと、さらに洗濯にかかる時間は省けるでしょう。このように、複数の家事を行う際、できるだけ最短距離になるよう間取りを考えるのが、家事動線の特徴です。家事動線を考えた家であれば、家事が効率的に行えるようになり、時間短縮にも繋がります。まずは、間取りを書いてみて家事を行う際、どのような動線になるのか間取り図に線を引いてみると良いでしょう。